尊重の国。

親愛なるあなたへ今回の旅は飛行機で関東まで行ってきたのですが、そのときの飛行場のスタッフの方の対応から「日本人は素晴らしいなぁ」と改めて感じたことを。通常「お客さん」に対して礼儀を払うというのは、これは多くの国でも行われていることでありま…

開運のポイント。

親愛なるあなたへ開運のポイントというのは「ちょっと無理をすること」。方位にしても風水にしても、たとえばこういうことをするといいよ、とアドバイスされても「それは無理!」となることが多いです。特に運気が下がっているときはそうですね。筆者も10年…

愛する地元。

親愛なるあなたへ今回の吉方位旅行は、再来年2023年の引っ越しの下見を兼ねて関東は横浜へ行ってまいりました。久々の関東の空気。関西とはまた違った良さ。関東生まれで関西を来年初頭で丸14年を迎える小生でありますが、それぞれの良さというのがこれくら…

気学的なマナー。

親愛なるあなたへ先日、3泊4日の吉方位旅行に行ってきました。気学を活用すると気学的なマナーにも敏感に。朝起きると窓を開けます。人間は夜に体内の気の交換を行うのだそうですね。昼間に浴びた体の悪い気を抜いて、周りの新鮮な気を取り入れる。だから朝…

一般的な成功の極意。

親愛なるあなたへ人は持って生まれた運が違いますけれども、それでも、自分らしい人生を歩んで魂の赴く方向へ向かえば「一般的な成功」が間違いなくあるように思います。桁外れの億万長者になるとか、歴史に名を残すとか、そういう成功でなくとも経済的にあ…

サーフィンを楽しむ。

親愛なるあなたへ波瀾万丈の人生とはサーフィンのようなものですね。飛び出した頃に「不安定さを定着させる」という記事を書いたのですが、それがようやく腹落ちしてきました。当時はスキーやスノーボードのようなものと表現しましたけれども、もっといいの…

自分のことが分からないわけ。

親愛なるあなたへ「自分はこうである」と思っていたものが実は違う、ということが往々にしてあります。周りから「こういう人だと思っていたのに」と言われることもある。気学によると18歳頃~20代前半までとそれ以降で大きく性格が変わる、という現象もある…

バイオリズム。

親愛なるあなたへ私は今まで「バイオリズム」というものは自分の感覚によるもので「不定期なもの」だと思っていました。気学を活用し出して今年で丸10年を迎えましたが、これまでは「方位」というものの存在のみを実感していました。それは、覚悟を持って飛…

指導者の有無。

親愛なるあなたへ指導者、いわゆるメンターの必要性について経験的に思うことを。自分を指導してくれる人が必要なのは、自分が行動できないとき。専門的な知識やトレーニングについては専属のコーチを必要とする場合もありますけれども、人生に関しては行動…

大きく見ると平等。

親愛なるあなたへ人間は不平等なものですけれども、大きく見ると大体同じようなものらしいのです。いつぞや「魂のもつ平等性」について書いた気がしますが、この世だけで見ると一人一人の持つ「因果」は差が激しい。「先天運」なるものも同じで、最初に持つ…

風水をやる、ということ。

親愛なるあなたへ気学を用いて方位学や風水をやる、とはどういうことか。それは、「天や大地の影響を受け入れる」ということに尽きると思います。所詮人間が考えた学問ですから完璧ではなく、のめり込むほどになって人生台無しにしては本末転倒なのですけれ…

めんどくさいこと。

親愛なるあなたへ自分らしい人生を歩みたい、自分らしい仕事をしたい、成功したい、人間には色んな思いがあると思いますが、そのどれも始めは「めんどくさいこと」から始まります。批判承知で申し上げますが、人生セミナーや成功セミナーは「モチベーション…

新しい運気が入ってくるとき。

親愛なるあなたへ先日、今年初めに風水用で買ったお気に入りの黄色い傘を天日干にしてましたところ、風で飛んでいってしまいました。別のお部屋のベランダに入ってしまい、色々な関係でそれをとりに行くのもどうかなと思ってそのお宅にお渡しすることにいた…

アイディアを出すときに必要なもの。

親愛なるあなたへ独創的なアイディアを出すときに絶対的に必要なもの。それは「一人の時間」です。こうして文章を書いたり授業の資料を作ったりして分かるのですが、「アイディア」というのは不思議な話で言えば「自分の波動」と同一です。その波動を純粋な…

予習。

親愛なるあなたへ物を教わるときにはおそらく予習することが一番効率よく吸収できるだろうと思います。学校の授業で予習・復習が大切と教わりましたが、やっぱり社会に出てもこの概念は変わらないと思うのですね。学校の勉強みたいな嫌いなものを予習する必…

現象のために改良する人。

親愛なるあなたへビジネスにおいても人においても、基本的に私が信じる基準は「現象のために改良している」人。結果が出ているのはもちろん「現象を優先して改良しているか」というのを常に見ます。たとえば占いの世界もそうですね。先日、横浜で占いをされ…

時代が渇望した人。

親愛なるあなたへ作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが享年99歳でお亡くなりになられました。90を超えてもなお精力的に活動されていたのがすごく印象深いです。寂聴さんの御著書や講話に直接触れたことはないのですが、動画でいくつかを拝見したことがあります。深…

目に見えるものは見なさんな。

親愛なるあなたへ美輪明宏さん。メディアで有名でありますがその知られざる波乱万丈の人生を。歌手や演出家など多方面で活躍される一方「オーラの泉」でその霊的才能を披露した一面も。一つ一つの言葉がグサッとささり私達が普段忘れている本質を思い起こさ…

この世のこととあの世のこと。

親愛なるあなたへ世の中の表も裏も、酸いも甘いも全てを知り尽くしたようなすごい方がいらっしゃいますね。経営者の中でもそうですし、政界財界の中にも、あるいはヤクザ屋さんの中にもいらっしゃると思います。恐らく世の中がどう動いているのかが手に取る…

生体反応で未来を見る。

親愛なるあなたへ先週末、遅ばせながらコロナワクチンの2回目を打ってきました。2回目は発熱、倦怠感、頭痛、悪寒などの副反応が多く見られるということで、食品買い出し、週末の掃除もアイロンがけも全て終わらせて万全の状態で接種してきました。すると、…

豊かでもお金を求める無間地獄。

親愛なるあなたへ物的な何かを求めると永久にそれを求め続ける、いわゆる人間の欲望には限りがない、ということはよく言われることですね。その中でも最たるものはお金ですと。私はお金は素晴らしいものだと思ってますし、豊かさも素晴らしものだと考えてい…

因果を断ち切るだけで。

親愛なるあなたへ大分前に「夢見ただけで人生の徳」という記事を書きました。行動できなくてもいいからまずは夢を持つことだけでも、人生の徳。そしてそれを行動に起こしたならさらなる徳。その結果が成功しても失敗しても、その挑戦は代々受け継いできた因…

パワーのある人の距離感。

親愛なるあなたへパワーがある人は、成功者や偉人の方々の勉強をしたらそのご本人に会わない方がよい、というケースがありますね。これは納税日本一で有名な斎藤一人さんもおっしゃっていたことなのですが、一人さんから色んなことを本やインターネットで教…

占いの視点。

親愛なるあなたへ占いを確率統計学として捉えるのであれば、その一つの利点は「視野が広がる」ということではないでしょうか。人間はどうしても今まで生きてきた自分のモノサシで相手を判断する癖がある。そこに、統計学であり100%!というわけではないのか…

派生。

親愛なるあなたへ世の中を渡るには、一つのものと言っても実はいろんな「派生」があるのだと知っておくだけで、結構見方や考え方、あるいは心持ちが違ってくるように思います。予備校で仕事をしていて今の画一的な学校教育というものが、社会に出ても何年も…

アドリブの効かせ方。

親愛なるあなたへ会話をしていて「この人アドリブ効くなぁ」と思うことがあると思います。あとはマシンガントークさながら次から次へとよくそんな言葉が矢継ぎ早に出てくるなぁと思う人もいると思います。もともとは持ってる適正、みたいなものもあるのかも…

占いの順番。

親愛なるあなたへ占いを使うタイミングというのは人それぞれかもしれません。信頼できる占い師さん、という前提ではありますが、帰納法で証明される古くから続くすべての学問は、必ず何かしらの統計学から成り立っているもの。なので、それが自分らしい人生…

想いをつなげる究極のツール。

親愛なるあなたへ私は、お金は素晴らしいものだと思っています。お金で愛情や、感謝や、自分の想いを伝えることができる。金額ではなく、全く会ったことがない人、感謝の言葉を伝えたくても伝えられない人、そういう人に自分の想いを伝えることができる。も…

神社の参拝時間。

親愛なるあなたへ神社に行くのはいつの時間帯がよいか、ということを常々考えてみまして。いくつかの記事を読んだり自分の体感として思うのは、やはり午前中、特に早朝が一番良いように思います。午後の参拝も問題ないのですが、やはり日が落ちた後はやめて…

開運のときの神様のお話。

親愛なるあなたへ開運行動や開運法に出会って、実際に体感を始めたときに必ず思うことがあります。「もっと早くこれに出会っていれば・・・」「もっと早く始めていれば・・・」もうこれは誰でも思うのです。正直私も思いました(笑)しかし不思議な方面から…