古くて新しく、小さくて大きい。

親愛なるあなたへ

昨日、人と会うため京都駅に行ってきました。

週一で仕事に行ってはいたのですが、最寄が阪急烏丸だったのでその周囲のことしか知らず。

京都駅はもう15年、いやそれ以上行っておらずしかも記憶があいまいだったため久々の来訪に衝撃を受けてきました。

多くの方は京都と言えば「古都」そして「景観保存のために高い建物を建ててはいけない」というトリビアからこじんまりした駅を想像するかと思います。

しかし、実際は全く違う。

デカい。

デカすぎる。

大阪に14年住み、梅田やなんば、天王寺といった関西屈指の繁華街や摩天楼を見慣れた私でさえ、お隣の県でありますのにあまりのデカさに衝撃を。

景観保存のため高さは大阪高層ビル群には及ばないものの、横にものすごい長く、かつ高さも10階建てほどあるので、巨大な要塞がドカッと鎮座している感じです。

大阪駅も大きいと思うのですが、京都駅の方が何だか一回り大きく感じます。

京都駅構内はとてもオシャレで、多数のお店や空中歩道、そして広く長い巨大な階段を席として活用したライブ会場も。

大阪梅田のスカイビルも手掛けられた原広司さんという有名デザイナーの方が設計されており、駅構内は一つの芸術的価値として必見であります。

さらに京都は盆地に位置しているためすごく「小さい」イメージもありますが、先の空中歩道から一望できる古都の絶景はそんな固定概念を吹き飛ばしてくれますね。

京都は「古い文化」だけではなく、日本初の路面電車、日本初の小学校、そして日本初出店のお店がすごく多い、などなど、新しいものを積極的に取り込む街であるとも。

身近なところではパンの消費量が日本一だそうですね。(海外の食文化。意外です)

日本の歴史、悠久の時を経た古の文化の香りを求めて京都へいらっしゃるみなさまへ。

是非その古くて新しい、小さくて大きいもう一つの魅惑の京都を堪能されてみてはいかがでしょう。

by You

日本人が行列を作る理由。

親愛なるあなたへ

日本人は有名店に行列を作るのが大好きですね。

流行っていないラーメン屋さんでも一度取材で「有名店」になってしまうと次の日から押すな押すなの大行列。

そして味がそんなに美味しくなくても有名店に行ったという「満足」「ステータス感」を得てしまう。

この現象は海外であまり見られないのだそうですね。

これは日本人が「確固たる信念を持っていない」ことに原因があると言います。

自らの価値観の軸というものがないと。

その是非はともかく、集団を意識する島国特有のDNAを我々全員が持っているということですね。

筆者個人としては行列に並ぶほど無駄なものはないと(怒られそうですが・・)。

行列に並ばないだけでも「その他一般」から抜け出せる。

とても簡単なことですが、人と違ったことをするときの最初の一歩だと思います。

by You

計画的な損金ならそれが損切りの訓練です。

親愛なるあなたへ

賭け事の世界、そしてビジネスの世界で黄金律と言われるのが「損切り」です。

損をしてもそこでスパッと切れるか。

損をとり返そうとして泥沼にはまっていくのが破綻の原因です。

これはもう人間心理として仕方がないそうで、以前も書きました「人は得することより損することに強く反応する」。

100円拾って得したというより、少し先のお店で100円安く売ってた、という方が心理的に強く反応する。

そのためこれは相当の勇気と自らの感情をコントロールする訓練が必要です。

わざわざ損をする必要はないのですが、一番分かりやすい「お金」について言えば、計画的な使い方の結果、他の事情を勘案して捨てなければいけないのだとするとそれが「損切りの練習の場面」だと思います。

お金を大切に使うようになると価値あるものにしか投資しないようになる。

すると、金額の多寡によらずその商品の将来的な価値を見越したものにお金を使う。

そのお金を使うのが直感で使っているように見えても、お金を大切に使っている人の潜在意識では完全に「計画的」です。

その計画的なお金の使い方の結果、なにがしかの事情で(それが別の事情の判断の失敗が原因だとしても)手放さなければいけないのであれば、それがまさに損切りの訓練だと思います。

p.s.

損切りの訓練なのか、ただのお金の無駄使いなのか、確実に認識できるようになるためにまずはお金を大切に使うことが先決です。

多くの人が損切りできない(私もまだまだ練習中ですが)のは、逆説的になりますが、お金を大切に扱えていないのが一つの原因でもあるでしょう。

by You

理論より冷静な判断。

親愛なるあなたへ

私はすぐ行動するのは「冷静な判断」に基づくものだと考えます。

すぐ行動するとまるで考えなしに動いていると思われるのですが、物事の成功率は「確率」で決まります。

物事は理論よりも確率で決まる。

理論的に進んでいけば上手くいくのですが、それでも「理屈通りやったのに上手くいかない」というケースがごまんとあるのは、その「理屈」のどこかに間違いがあるからですね。

それくらい物事を理論的に進めていくのは難しいことです。

特に、人生の理論なんてものは「理論と言うこと自体が怪しい」ほど多様性に満ちています。

その多様性に満ちた世界の中では、理論をよく考えて実行するよりも色んなことをひたすら試した方が確率的には絶対的に有利です。

成功法則に書いてある「人生の理論」は、理論と言いながら最終的な結論は「ひたすら行動しろ」ですからね。

私はよく考えて行動しなさいという方針の家庭で育てられました。

程度の差こそあれ、世の中の多くの親御さんがそのような育て方をしていらっしゃると思います。

これは過去に別の記事で詳しく書いているので今回は割愛させていただきますけれども、それは親御さんが「お子さんがとった行動の責任をとりたくない」そして「自分を越えられたくない(自立されたくない)」ための心理行動でもあります。

前者は分かりやすいと思いますが、実は後者「自分を越えられたくない(自立されたくない)」がどのようにつながるかというと、人間はひたすら行動することによって上手くいくというのを本能的に知っているのだ、ということですね。

お子さんが色々試していると「上手くいく」と、実は我々大人は知っているのです。

子供の頃、小学生の頃、とにかく考えずに自分がやってみたいと思ったことにひたすら取り組んだのは「世間を知らない幼児性」ではなく「成功する本質を魂が知っている」ということになります。

子供は我々大人の想像を遥かに超えた優れた観察者です。

その限りなく神に近いとも言えるレベルの観察者が世間を見渡して行っている「確率に従った行動」。

それこそ最も冷静で計算され尽くした一つの真理と言えるでしょう。

by You

行動力を上げる方法。

親愛なるあなたへ

行動力を上げる方法。

それは「手紙を書くこと」だと思います。

手紙を書くと行動力が上がる。

メールやSNSですぐ返信する方が行動力が上がると思うかもしれませんが、手紙の方が「手間がかかる」。

なので、手紙をすぐ書く・返信をすぐ書くという行為が行動力を上げるのに抜群の効果を示します。

メールやSNSと違い、手紙は同じ間柄でも文章や字体に気を遣う、切手を買いに行く、ポストまで入れに行くといった様々な「障壁」がありますから、それをパパパっとできるようになるのには実はかなりの鍛錬が必要です(レターセットは100均でも売ってますから常備して置くといいと思います。レターセットを買いに行く作業も含めるとハードルがさらに上がってしまいます)。

これだけオンラインが発達した昨今手紙を書く機会はなかなかないと思うのですが、行動力の向上に確実に効果がありますし、二人の間柄もまたSNSでは味わえない新鮮なものになると思いますのでとてもオススメですね。

by You

赤マジックの効果。

親愛なるあなたへ

自分のなりたい姿や夢・目標を紙に書くと実現する、と言いますね。

パソコン打ちのプリントアウトではなく、自筆で書くことが重要です。

私もそれで不思議に夢や目標が叶ってきました。

まだ叶ってない夢や止めた目標もたくさんありますけれども、それは「今ではない」もしくは「そっちの道ではない」のだとそんな気がします。

さらにノートなどに書くよりも、書いたものを壁に貼っていつも見える状態にしておくと、視覚効果により自分が思っている時期よりもさらに実現が早まります(これも体験済です)。

私は一年に1~2回書き換えるのですが、目標をはがして何もない真っ白な壁の部屋と、夢や目標が書いてある部屋を比べてみますがやはり全然違いますね。

真っ白な壁だけだと不思議と「何もない部屋」のように感じます(物は置いてあるのに)。

夢や目標を書いて貼ってあると部屋がエネルギーで満ちますね。

言霊・文字霊は本当にあると思います。

今回はそれにプラスして「文字の色」にも関係があるという情報を得ました。

夢は赤マジックで書くにかぎる。

普段と違う色で書くことで脳へのインプットがさらに高まり、とりわけ「赤」という刺激がいいのかもしれません。

私は黒マジックで書いたものを貼っているのですが、今からさっそく赤マジックを買ってきて書き直したいと思います。

p.s.

良いこと聞いたらすぐ実行、ですよ!

by You

本当の品の良さ。

親愛なるあなたへ

本当の品の良さとは、人から品よく思われたいという心理ではなく、「好きなことをしたいけど他人様から見苦しくないようにしよう」という姿勢ですね。

前者は承認欲求ですが、後者は思いやり。

品の良さとは「お高くとまって」ではなくて、思いやりだと思います。

by You